ソレノイド駆動定量ポンプ NSDシリーズ

NSD【吐出量-圧力】
NSD-60  :35mL/min-1.0Mpa
NSD-100:60mL/min-0.7Mpa
NSD-200:160mL/min-0.35Mpa

ダイヤフラムポンプ基礎知識はコチラ

薬液定量注入ポンプ NSDシリーズのカタログ・納入事例はこちら

カタログダウンロード納入事例を見る1
 
 

薬液定量ポンプに必要なスペックを凝縮しました。

NSD1ソレノイド温度センサーを採用し、安全性を向上。

NSD2逆止弁を2重構造にすることで、注入精度が格段に向上。

NSD3エア抜きバルブを標準装備し、使い勝手に考慮

NSD4ヘッドはNC削り出し加工で耐久性と精度を追及。

様々なアプリケーションに対応可能です。

NSD5AC100~240Vの電圧で使用可能(フリー電源)

NSD6IEC規格IP65相当の防水防塵構造。

NSD7ボルト4本で分解可能な抜群のメンテナンス性。

NSD84方向首振りヘッド採用で、狭所でも安心。

追加オプション

NSD9

薬液定量注入ポンプとして考えられる制御オプションを網羅しております。

制御としてアナログ信号(4~20mA)、パルス信号制御、バッチ運転やタイマー運転など、ユーザー様の用途に合わせてお使い頂けます。

仕様表

NSD12

(クリックで拡大します)

外形図

NSD10

型式表

NSD13

 

薬液定量注入ポンプ(ソレノイド駆動)NSDシリーズに関するお問い合わせ

ご購入の相談・仕様に関するご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

botan2

 

 

 
 
   Sample site
 
 
    
 
 
    

Copyright(c) 2019 株式会社エイチツー All Rights Reserved.