スタバが売るのはコーヒーじゃない

P1030844

2015.11.7

From:長谷

 

最近はコンビニでもけっこう旨いコーヒーが100円で飲めるようになり、めっきり缶コーヒーを買うことが少なくありました。

カフェ業界で見ると、スターバックスが国内1000店舗を超え、カフェ業界で売上高1位。2位はドトールコーヒーとのこと。

 

コンビニで旨いコーヒーが100円で飲めるのに対し、スタバのラテは350円。

 

コンビニに対し3.5倍もスタバのコーヒーが旨いのか??なぜみんな高いお金を出してスタバに行きたがるのでしょうか?

 

 

スタバが売るのはコーヒーじゃなかった!

3206724

そもそもスタバが会社の強みとして、

 

コーヒーの味よりも上位に位置付けているのが

上質な机や椅子、ゆとりあるスペースといった店舗の雰囲気のよさなど、「インテリア」や「空間づくり」です。

 

単純にコンビニと比較すると、100円のコーヒーに対し、350円なので、消費者は250円分「インテリア及び空間」に付加価値を感じてスタバに足を運んでいることになります。いわゆるスタバの掲げる「サードプレイス」戦略です。

(ちなみに、ドトールコーヒーと比べてもスタバの商品価格は1.5倍以上あります)

 

実体験!確かにコーヒーじゃなかった!

この記事を書いて思い出したのが、長谷自身が洒落乙なカフェにデートした経験です。

p01

↑これは愛知県の半島にある「たらそ」というカフェです。

 

長谷はここへ女の子とデートしましたが、ここのブレンドコーヒーの値段は

 

750円です。

 

でも、750円払う価値はありました。

女の子の「わーすごい」的な笑顔とテンションの上がった女の事の会話に、コンビニの7.5倍の価値は十分あったわけです。

 

その時のことを思い出すと、僕はコーヒーに750円使っているんじゃ無いことを実感します。

 

じゃあエイチツーは何を売っているのか?

ADF-AD

 

これを、エイチツーに当てはめると、私達はポンプメーカーとして、単にポンプを販売しているだけなのでしょうか?

 

確かにエイチツーの強みのひとつはコストパフォーマンスです。

さらには フットワークの軽さ、柔軟な対応力など、既存のメーカーでは出来ないことを提案出来る提案力があります。

 

エイチツーはよく装置物にキーエンスの製品を使うのですが、理由としては「短納期」「質問→回答のレスポンス」です。

その気持ちのよさに、キーエンスというメーカーに価値を感じている気がします。

 

「私たちは本当は何を売っているのか?」この問いは、これからずっと追い続けるべきものだと考えます。

 

是非教えてください

ここでお願いがあります。

 

エイチツーがもっとあなたのお役に立てれるよう、是非アンケートにご協力下さい。

もっともっとメーカーとして認知され、日本の流体技術を、産業を発展させれるよう、本気で努力を続けています。まだまだ小さいメーカーですが、どんどん新しいことにチャレンジする為に、少しだけアンケートに協力頂けないでしょうか?

 

 

ご協力ありがとうございました。

   Sample site

    

    

Copyright(c) 2020 株式会社エイチツー All Rights Reserved.