食品・製薬・化粧品向け サニタリーエアダイヤフラムポンプ

食品・製薬・化粧品工場で使用されるポンプには、洗浄性や汚れの付着が付きにくい構造、またメンテナンスが容易である事が必要になります。

サニタリー性を追求した専用ポンプは、CIP洗浄が可能なA3認証取得のSANIBOXERと、コストパフォーマンスに優れるFOODBOXERの2シリーズをご用意しています。

 

 

サニタリーエアダイヤフラムポンプ概要

SANIBOXER(サニボクサー)は

食品及び医薬品の液体移送用に設計され、CIP洗浄に対応しています。

3A認証を持ち、接液部にはFDA準拠の機械研磨仕上げをしたANSI316鋼とPTFEのみを使用しています。

 

FOODBOXER(フードボクサー)は

食品及び医薬品の液体移送用に設計され、接液部にはFDA準拠の電解研磨仕上げをしたANSI316鋼とPTFEのみを使用しています。

サニタリーポンプとしてコストパフォーマンスに優れます。

FOODBOXERは様々な配管条件・設置条件でも設置できます。

粘度:50,000CPまで対応できるラインナップの多さが特徴です。

※スプリットマニホールドはFB30/50/80/100/150のみ対応。

 

サニタリーエアダイヤフラムポンプ特徴

高い自吸能力があります。渦巻き型のポンプと違い摺動部が接液していない為、空運転可能です。

またダイヤフラムの往復運動で優しく送液する為、液質の変化を最小に留めます。

50,000CPの高粘度液も、図のような押し込み設置条件であれば送液可能です。

(自吸の際の対応粘度は別途お問い合わせ下さい)

エア量調節で簡単に流量調節ができるのでドラム缶からの小分けなどに適しています。

エア圧以上になると自動で吐出がストップするので閉塞時も安心です。またガンノズルを使った移送に最適です。

 

お問い合わせ・カタログダウンロードはコチラ

食品・製薬・化粧品向けサニタリーエアダイヤフラムポンプに関するお問い合わせはコチラ

食品・製薬・化粧品向けサニタリーエアダイヤフラムポンプのカタログダウンロードはコチラ

 

 
 
   Sample site
 
 
    
 
 
    

Copyright(c) 2019 株式会社エイチツー All Rights Reserved.